私がまだ税理士法人で修業していた際に、担当させて頂いたカフェのお客様から実に7年ぶりにご連絡を頂きました。

事務所にお電話を頂き、スタッフから「渡邉さん宛に〇〇様という方からお電話です。」と言われ、思わす「えっ!?」と声を出してしまいました。まさかと思いお電話に出てみると、予想通り修行時代のお客様。修業時代の勤務先に電話を頂き退職したことを知って、ネットで調べて弊事務所を見つけて頂いたとのことでした。

お話をしてみると、息子様が独立されたとのことで、税理士を検討しているけどまた渡邉に依頼したい、との有難いお申し出でした。あの当時は、恥ずかしながら知識やスキル的なものよりもパッションとやる気でお客様に一生懸命だったと思います。そんな自分を覚えて頂いていたことは嬉しかったですし、この仕事をしていてよかったなぁと改めて思えました。

引き続き、精進して参ります。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK