つい先日、保険会社に国税庁から連絡が入り、”保険料の支払い時に経費になるにも関わらず解約時には払い戻しがある高返戻率の特定の保険”の販売を自粛するように要請があったそうです。厳密には、販売の自粛を要請したのではなく、支払い時に保険料の全額は経費にはしない、という法改正をするという発表があったそうです。

保険は、短期的に納税を減らすためによく使われるのですが、この改正で利用が多少は減るのではないのでしょうか。保険の基本はリスクヘッジだと思います。

節税をうたって保険を買っても、課税を繰り延べるだけにしかなりません。節税は、もっと事業計画などを見据えて投資的な要素を交えて、頭を使って行いたいですね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK